ダイバー

沖縄はダイビングポイントが多い

魚

ダイビングと言えば、美しい南の楽園でカラフルな熱帯魚と戯れるという光景をイメージしますよね。南の島と言えばグアムやパラオなど、海外の島々が思い浮かびますが、日本国内にも沖縄という立派な南国があります。グアムなどに比べると若干割高かもしれませんが、国内という安心感は大きいですね。何より、世界に誇れる美しい海がそこにはあります。
さらに、南北に長い沖縄本島では海域ごとに海の雰囲気が違うので飽きることがありません。大雑把に分けると、水深が一気に40メートル程に落ちる豪快なドロップオフや、水中洞窟がエキサイティングな南部、波にゆらめく姿が美しいソフトコーラルの群生が見事な中部、そして手つかずの自然が残り透き通るような透明度を誇る北部といった具合です。
さらに、那覇港からボートで1時間程走れば慶良間諸島と呼ばれる海域に着きます。そこは近年世界遺産にも登録されており、世界的にも貴重な珊瑚礁が広がっています。潜る場所によっては足の踏み場も無い程に珊瑚が生えているので、ある程度ダイビングの技術を身に着けてから訪れる方が余裕を持って楽しめるかもしれません。
ダイビングを始めるのであれば、是非とも一度は沖縄を訪れてみましょう。その美しさにハマることは間違いありません。

沖縄本島には自然がいっぱい

友人と一緒に近所のダイビングショップが開催されているオープンウォーターダイバーコースに参加し、無事にダイビングライセンスを取得しました。オープンウォーターダイバーコースとは、ダイビングを始めるにあたっての入門ランクの講習です。このランクを取得すれば2人1組で、最大水深18mまで潜ることができるようになります。
とは言っても、器材も無ければ経験も無いのでいきなり2人だけで潜るわけにもいきません。そこで、友人と検討した結果、ダイビングショップが充実している沖縄に行って、インストラクターのガイドのもとでダイビングをしようということになりました。ボートダイビングかビーチダイビングを選べるので、初心者向けのビーチダイビングを選択しました。料金はボートが15000円でビーチが10000円と割安です。
私たちは2人とも沖縄が初めてなので、ダイビングポイントへはレンタカーで集合し、そのまま現地解散で観光に行くという計画です。指定された場所は沖縄本島の北谷町にある宮城海岸という場所でした。ビーチというより防波堤になっていて若干期待外れな感じでしたが、水中に入ってみると美しい珊瑚礁の風景に癒されました。熱帯魚もたくさん泳いでいて、大満足です。沖縄の海は侮れません。今度はボートダイビングにも挑戦してみようと思います。

話題の沖縄の青の洞窟に行ってきました

沖縄旅行3回目にして、ついにダイビングデビューしてきました。旅行前に色々調べてみると、沖縄には実に多くのダイビングポイントがあってどこに行けばいいのか見当も付きませんでしたが、適当に選んだダイビングショップの方に、恩納村にある青の洞窟と呼ばれるポイントが今一番人気だと教えて頂きました。せっかく教えて下さったので、そのまま参加申し込みをして当日はレンタカーで現地集合することになりました。青の洞窟があるのは恩納村の真栄田岬という場所で、案内板や駐車場もしっかりと整備されていて迷うことなく到着できました。
沖縄のダイビングショップの方と合流して、器材の扱い方や水中での注意点などを説明して頂いたあといよいよエントリーです。ここでいきなり50段程の階段に出くわしました。総重量15kg程の器材を身に付けた状態で階段を降りていくのは中々しんどかったです。階段を降りたあと、足ヒレを装着して泳ぎ出してみるとそこは熱帯魚が群れる楽園のような場所でした。
その後、インストラクターさんの誘導で洞窟まで行き、洞窟の奥から入り口の方を見ると水の青さが一層引き立って、まさに青の洞窟と呼ぶにふさわしい光景を見ることができました。青の洞窟以外にも周辺にたくさんのダイビングポイントがあるそうなので、またいつか訪れてみたいと思います。


神秘的な空間を味わいたいとは思いませんか。沖縄ならそういった空間が手軽に楽しめます。もし興味のあるという方は沖縄でダイビングを体験してみましょう。感情が高まるほど素晴らしい経験ができるのでおすすめです。

おすすめ記事

影

ネットでのダイビング器材購入のデメリット

ネット通販だと沖縄のダイビング器材を比較的安価に手に入れることができるので、利用している方も少なくありませんが、インターネット上で購入しようとする際には、次のような点に注意することが大切です。まず購入した器材の正しい使い方は誰も教えてくれないと…

MORE

ダイビング

ダイビングの始め方

沖縄のスキューバダイビングって、他のマリンスポーツに比べてなかなか敷居が高いスポーツですよね。ですが、ある程度体力と度胸があればそんなに難しいものではありません。探してみると分かるのですが、沖縄のダイビングショップというのは結構たくさんあって、…

MORE

魚の群れ

ダイビングの器材について

沖縄のダイビングは水中という特殊な環境下で行うスポーツです。沖縄のダイビングは人並みの体力があれば老若男女問わずできますが、本来ならば人間が生息できない環境において器材に頼って活動するため、それらの扱いにはできるだけ習熟しなければなりません。そ…

MORE

酸素ボンベ

ダイビングスクールを選ぶときのポイント

沖縄でダイビングスクールを選ぶときは店内に備え付けのダイビング練習プールがある所がおすすめです。練習プールがあればわざわざ他のプールに行かなくてもお店にプールがあるのですぐ練習ができてしまうことです。それだけでなくて他のプールに行くと着…

MORE

TOP